臨配なら、当センターにお任せください!

新聞配達業界の臨配不足を解消!
各販売店に合ったスタッフを手配

新聞配達業界におきましては、この先益々労務面が課題になっていきます。
手隙の従業員を配置できない現状では、事故や病気などで欠員が出た場合、補充できるまでの期間、
配達要因としての臨時配達要員としての臨配需要が増えていくものと思われます。
現在でも、運転免許証の確認だけで、面接もせずに販売店に手配している昔ながらの同業者も横行しておりますが、
当センターでは 必ず求職登録時に面接を行い、人間性・過去の実績・年齢などを考慮して、
各販売店に合ったスタッフを紹介しております。お気軽にご用命ください。

ご挨拶

新聞配達人員の不足が続く昨今、岡田代配センターは、新聞配達店様へ臨時配達の手配のソリューションをご提供しております。
現在、臨時配達の依頼を頂きましても直ぐに手配出来ない状況ではありますが、ホームページ上で求人情報を毎日更新して、対処していくつもりです。
登録求職者数や、仕事先の情報などもその都度更新します。新聞販売業界の個別配達網を維持する為のお手伝いが出来ます様、取り組んで参ります。

岡田社長

即日手配可能な人員

日付 2/5
即日手配可能な人数 0人

岡田代配センターよりFrom Okada Delivery Center

*自店で労務難を解決出来ない状態は依然継続しております。系統内での統廃合が急速に進んではおりますが、系統を超えた協力体制に移行しない限り、労務難は解消出来ないと思われます!

*新聞販売業界にとりましては、構造自体が劇的な変革を求められております。先ずは土曜夕刊の廃刊への動きでしょうか?それとも、もうすでにあちこちで始まっていますが、系統を超えた配達の協力体制作りでしょうか?どちらにしても、今のままでは労務難の益々の悪化や、無読へ移行する読者の増加は止めることはむずかしいと思われます。どんな形で残るのか分かりませんが配達が基本の新聞販売業界ですから、臨配さんは益々不足状態が継続すると思われます。

*少子高齢化で、将来働く人口が減少する事は以前より周知の事実です。業種によりましては、高齢者や女性など採用の幅を広げて対応する動きがありますが、代配・臨配というプロの配達員に於きましては、幅を広げるには限界があり、求職者の登録を増やす事は益々困難な状況に追い込まれております。

Twitterで呟いております。あだ名で登録しておりますので、興味のある方は探してみて下さい!!

求職者の皆様へ

新聞配達は、まだまだ需要のあるお仕事です。
2020年は、日本全国で3500万部の新聞が発行されました。(日本新聞協会調べ)
当社では、入職希望者と販売店様をつなぐことで、新聞を待つ家に、新聞と情熱と笑顔を毎日届けることをモットーとしています。
首都圏を中心として、臨配・代配の取次ぎを行っていますので、ご興味がありましたら気兼ねなくご連絡くださいね。

岡田代配センター採用情報について

CONTACT

岡田代配センターへのご連絡はこちら

046-275-4429